大蛇之儛(舞ひ)

大蛇面をつけて舞う儛人のブログ

阿知女作法と阿度部磯良と安曇氏

あじめのさほう【阿知女作法】

御神楽(みかぐら)で,儀式の始まる前その他重要なふしめふしめに唱えられる呪文のような歌詞の曲。〈あちめのさほう〉ともいう。本方(もとかた),末方(すえかた)の歌人各1人が〈あぢめ おおおお〉〈おけ〉を交互に唱える。笏拍子(しやくびようし)を打ち和琴が伴奏する。〈阿知女〉を呼び出しそれに答える形というが,〈阿知女〉は意味不明。海底の神阿度部磯良(あどめのいそら),天宇受売(あめのうずめ)等の諸説がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版

■【阿知女作法】より
…御神楽(みかぐら)で,儀式の始まる前その他重要なふしめふしめに唱えられる呪文のような歌詞の曲。〈あちめのさほう〉ともいう。本方(もとかた),末方(すえかた)の歌人各1人が〈あぢめ おおおお〉〈おけ〉を交互に唱える。笏拍子(しやくびようし)を打ち和琴が伴奏する。〈阿知女〉を呼び出しそれに答える形というが,〈阿知女〉は意味不明。海底の神阿度部磯良(あどめのいそら),天宇受売(あめのうずめ)等の諸説がある。…

【細男】より
…礒良は出現にあたり,顔の醜いのを隠すため,浄衣(じようえ)の袖を解いて顔を覆い,首に鼓をかけて細男舞を舞って現れたという。この話と宮廷の御神楽(みかぐら)の〈阿知女作法(あじめのさほう)〉を結びつけ,細男を御神楽のおりの〈才の男(ざいのおのこ)〉の転とする説もあるが,批判的見解が多い。現在奈良春日若宮の御祭(おんまつり)に出る細男は,浄衣・白覆面・烏帽子姿の者6人が1組で,鼓打ち2,笛吹き2,他の2人は無手で舞う。…

【御神楽】より
…以下の構成は,〈採物〉〈小前張(こさいばり)〉〈星〉という三つの違った傾向をもつ神楽歌のグループから成るが,ここで現行神楽歌一具(御神楽における神楽歌次第)を掲げる。(1)人長式の部 《神楽音取(かぐらのねとり)》《庭火》《阿知女作法(あじめのさほう)》。(2)採物の部 《問籍音取(もんじやくのねとり)》《榊(さかき)》《閑韓神(しずからかみ)》,《早韓神(はやからかみ)》(人長の舞あり)。…

株式会社平凡社世界大百科事典 第2版

 

 折口信夫は、「阿知女作法は、海の底深くいます阿度部磯良神に呼びかける歌であり、安曇(阿曇)氏と深い関わりがある」と、洞察しています。

 神功皇后は、三韓征伐のため軍勢を牽き連れて新羅へと渡る時に、神々を召し集め、その助けを得ようとしましたが、唯、一柱、姿を見せぬ神がありました。阿度部磯良は、海草などに覆われた自らの容貌を醜いと羞じて、なかなか現われません。この神を呼び出すために唱えられたのが……阿知女作法。

安曇氏は、阿度部磯良を祖神とする海人です。 

参考文献:折口信夫全集 第十二巻 上世日本の文學 中央公論社

 

 平安時代の宮廷において民俗の始原を語る神楽の始まりには、「阿知女、於、於、於、於」と唱和され、古代芸能の偶像であったと考えられます。

 磯良神は、西日本各地で傀儡・遊女が祀る百太夫・白太夫の神として祀られています。古代においては、遊女・白拍子・傀儡の社会的地位は低くはなかったようです。諸国を遍歴し、芸能を通じて神々に奉仕する祭祀集団を形成していました。交通税や課役を免除されていたそうです。